福井青年会議所|ちからプログラム|社会に出た時に必要な力や生きる力、創造性とリーダーシップを持ち合わせた人材の育成
  • 対 象

    小学校3~6年生

  • 監修

    先生、指導者

  • 所要時間

    30分~60分

相手のことを聞き、考え、表現する力を育むためのプログラムです。

狙 い :「自分の考えを表現すること」、「相手のことを聞いて表現することの大切さ」を学びます。

     また、いじめの防止にもつなげます。

対象教科:道徳「思いやり・親切」「友情」「個性伸長」、総合の時間等

活用方法:新しい学級が始まった時期、学級の友達関係を見直させたい時など

プログラムの流れ

  • 自分の大切な事を宿題で考えてもらい、大切な事をシートに記入してもらう。
  • 2人組となりパートナーに「自分にとって大切にしていることや、もの、大好きなこと」を話す。
  • パートナーの「大切なこと」をグループに対して、「ほめる」。
  • グループで一番良く「ほめる」ことの出来た人が、クラス全体に対して発表する。
ほめるちからプログラム ほめるちからプログラム