公益社団法人 福井青年会議所

メールフォーム インスタグラム Facebook

理事長コラム
President Column

2018年1月1日
第1回
新年あけましておめでとうございます。

 2018年、公益社団法人福井青年会議所の理事長として一年間運動を発信して参ります加藤有司と申します。一年間よろしくお願い致します。
 本年度、福井JCのスローガンとしまして、「We will change before we have to. ~自ら動き、ふくいを変える~」を掲げさせていただいております。第一回目にあたる今回の理事長コラムでは、このスローガンに込めた思いを綴りたいと思います。

 We will change before we have to.
 ※迫られる前に、自ら率先して変革を行なおう。

 昨年、私ども公益社団法人福井青年会議所は創立55周年を迎えました。全国各地、696の青年会議所が存在しますが、その中でも伝統と歴史がある青年会議所です。大きな節目を終え、2018年は新たな一歩を踏み出す時となります。時代の流れが速い昨今、組織として、伝統を重んじる点は継承し、変えていかなければならない点は変えていくことが重要だと感じています。また、私たち組織の構成メンバーは20歳から40歳までの青年経済人です。いつの時代も新しい事に挑戦し、次代を先駆けていかなければなりません。そのために、組織としてはメンバー一人ひとりが輝ける、魅力あふれる組織に変えていくことに挑戦する決意をスローガンに込めさせていただきました。
 また、私たちが実施する事業には、新規事業や既存事業、継続事業などがあります。今まで行ってきました事業においても、一度見つめ直し、なぜ実施しているのかを再度検証し、また今の社会情勢ではなく、これから先の社会情勢等を鑑み、必要に応じて事業に変革を与えていかなければなりません。私たちの推進する運動は、一歩も二歩も先んじた内容でなければ、青年会議所の存在意義が無いからです。
 そして最後に、昨年私たちの組織は創立55周年を迎え、福井青年会議所の活動指針を新たにしました。新しい活動指針である「Action Plan from 2102 revised」のもと、本年は福井青年会議所の運動を展開する初めの年となります。「ひとづくりの先進地ふくい」を目指すため、新たな挑戦となります。
 このような思いを込めて、スローガンを決めさせていただきました。私たち福井青年会議所は、愛するふくいをより良くするため、ふくいの人々に地域の誇りと愛着を育むため、ふくいを変えるために精一杯活動して参ります。またそのような活動を100%取り組むために、自分自身を変えて行きます。

1年間、どうぞよろしくお願い致します。